ウーマンと赤ん坊

病気にならないようにするには|子宮筋腫は怖くない

このエントリーをはてなブックマークに追加

バランスを取ることが大切

妊婦

妊婦は自身の食事が基本となって、胎児の成長へとつながります。このため、食事が摂取できないときはサプリメントで補ったり、病院で指導を受けて出来る限り摂取するようにしましょう。また、葉酸や鉄分、カルシウムは食事だけでは足りない場合もあるため、サプリメントの摂取も検討しましょう。

もっと読む

子宮の病気と対策

先生

子宮筋腫の治療で主に選択されるのは、手術による筋腫の摘出です。手術には、癒着のリスクが伴うことから、妊娠を控えた女性は慎重に行うことが求められます。開腹手術の既往があると、帝王切開の際に対応に苦慮することがあるのが問題です。癒着部分を剥がす際には、出血量が増えます。神経や血管を損傷するリスクも軽視できないリスクです。こうしたことから、子宮筋腫は積極的治療が必要が否かを医師と相談するのがポイントです。大きさが変わらない場合や筋腫の成長が遅い場合は、経過観察で妊娠出来ることもあります。女性ホルモンに影響される子宮筋腫は、閉経までの状態のコントロールが勝負です。閉経すると子宮筋腫の多くは、自然に退縮します。

一般的な子宮筋腫の症状としては、月経痛や過多出血、不正出血などが挙げられます。ですが子宮筋腫の場合には、出来ている位置によって大分症状が変わるのが常です。子宮筋腫は子宮のあらゆる部分に生じますので、症状にも個人差が出ます。ある程度の大きさになることで、次第に症状が強くなることが多いです。複数の子宮筋腫が併発することも珍しくなく、手術で取りきれないケースも見られます。良性腫瘍の子宮筋腫も、ゆっくりとしたペースで徐々に大きくなっていきます。腸や膀胱などを圧迫するようになると、便秘や頻尿などの症状が表れるのがこの病気です。大きい筋腫や成長のスピードが早い筋腫は、他の病気との鑑別が非常に大切になります。婦人科ではエコーなどを用いて、状態を観察するのが一般的です。

妊婦の体重管理

赤ちゃんと女性

体重が増えやすい妊娠中は体重を管理する必要があります。お腹に赤ちゃんがいるため、いつも以上に食事を多めにとる場合がありますが、必要以上に太るとお産に影響が出ることがあるので注意しましょう。

もっと読む

女性の体をサポート

看護師

不妊症の人や妊娠中の人を支える商品の開発に努めている医療メーカーが「アクティブライフ」です。これまで40年以上もたくさんの女性をサポートしてきました。特に妊娠中に必要なミネラルや葉酸に着目した商品に力を注いでいます。

もっと読む